マツダは2025年をめどに、ドライバーの異常を車が検知し、安全な場所まで退避させる自動運転技術「Co-Pilot(コ・パイロット)2.0」を導入する。実用化に先駆けて実車で体験してみると、車とそれを操る人の「人馬一体」を掛け声とするマツダらしい自動運転の1つの方向性が見えてきた。

 マツダが報道陣向けに技術体験会を開いたのは、晴天に恵まれた12月初めの東京・台場。スタート地点となったホテルから車に乗り込み、一般道を走りながら機能を体験する。道は比較的空いていたが、路肩にはトラックや乗用車が止まっており、人工知能(AI)の威力を試すにはちょうどいい障害物といえた。

 技術体験車はダークグレーの「マツダ3」。ボンネットと車体側面に「MAZDA CO-PILOT CONCEPT」と記されている。Co-Pilotとは英語で「副操縦士」。米テスラが自社の自動運転機能を「オート・パイロット」と呼ぶのとは対照的に、この技術ではドライバーがあくまでも主役で、機械は支援役と位置づけているマツダの考え方が見てとれる。

マツダの自動運転技術「Co-Pilot 2.0」を搭載する車両。ドライバーの異常を検知すると安全に停車させる
マツダの自動運転技術「Co-Pilot 2.0」を搭載する車両。ドライバーの異常を検知すると安全に停車させる

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1621文字 / 全文2091文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

「キーエンスOBが明かす強さの根源」、全3回ウェビナー開催

■第1回:2022年5月19日(木)19時~(予定)
テーマ:顧客の心をつかむ、キーエンスの「営業しない」営業力
講師:FAプロダクツ 代表取締役会長 天野眞也氏

■第2回:6月2日(木)19:00~20:00(予定)
テーマ:潜在需要が宝の山 キーエンスの高収益生み出す商品開発
講師:コンセプト・シナジー 代表取締役 高杉康成氏

■第3回:6月16日(木)19:00~20:00(予定)
テーマ:「キーエンス流」は世界に通じる、海外事業開拓の極意
講師:インサイトアカデミー 顧問 藤田孝氏


会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはこちらの記事をご覧ください。