「『トヨタは仕入れ先を搾取し、いじめているんじゃないか』と言われてきた。正直、悩みながら取り組んできた」。12月7日、トヨタ自動車は調達先の生産活動の負担軽減に向けた4年にわたる取り組みについて説明の場を設け、担当者は複雑な心中を吐露した。

 トヨタが2017年末から実施してきたのは、品質・性能適正化特別活動(Smart Standard Activity、以下SSA)と呼ぶ、調達資材の「過剰品質」を改める活動だ。

 トヨタは世界の自動車業界の中でも品質要求が厳しいことで知られる。それが製品の信頼性やブランドに寄与してきたが、調達先に過度な負担を強いる結果も招いていた。

 例えば、内装部材を手掛ける5次サプライヤーでは、車の使用者からは見えない部品の裏側に微細なバリが残っていただけで廃棄するといった行き過ぎた品質管理をしていた。トヨタが示した「有害なバリ・キズ無き事」という曖昧な基準を、過度に忖度(そんたく)した結果だ。「『納品を突っぱねられるのではないか』という不安から過剰品質を招いていた」。同社クルマ開発センターの志賀武文氏は、そう話す。SSAを実施し、不良率は実に4分の1になった。

トヨタ社員が調達先に出向き、「過剰品質」の見直しを進めている
トヨタ社員が調達先に出向き、「過剰品質」の見直しを進めている

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1247文字 / 全文1755文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

「キーエンスOBが明かす強さの根源」、全3回ウェビナー開催

■第1回:2022年5月19日(木)19時~(予定)
テーマ:顧客の心をつかむ、キーエンスの「営業しない」営業力
講師:FAプロダクツ 代表取締役会長 天野眞也氏

■第2回:6月2日(木)19:00~20:00(予定)
テーマ:潜在需要が宝の山 キーエンスの高収益生み出す商品開発
講師:コンセプト・シナジー 代表取締役 高杉康成氏

■第3回:6月16日(木)19:00~20:00(予定)
テーマ:「キーエンス流」は世界に通じる、海外事業開拓の極意
講師:インサイトアカデミー 顧問 藤田孝氏


会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはこちらの記事をご覧ください。