動力源が変わっても「走る歓び」

 部品メーカーと協業し新しい枠組みで開発を進めるマツダの動きは、デンソー、アイシンと共同出資会社、ブルーイーネクサス(愛知県安城市)を設立しているトヨタ自動車の手法に近い。トヨタ初の量産EV「bZ4X」と、その兄弟車でSUBARU(スバル)がトヨタと共同開発したEV「ソルテラ」に搭載しているeアクスルもブルーイーネクサス製だ。

 マツダの意図はEVの性能に大きく影響するeアクスルの開発や生産技術を「手の内化」し、エンジンと同様、自社の強みとすることにある。「我々は内燃機関では設計開発から製造まで一気通貫で手掛けることで走る歓びを進化させてきた。動力源が変わろうとも、そこは変えてはならない」と廣瀬一郎専務執行役員は話す。

 車載用電池については自前で生産するには投資規模があまりに大きい。一方「eアクスルについてはエンジンや変速機で培ってきた技術を生かしていける。各社の技術力を集約していけば、我々のように小さい会社でも大きなもの(資産)として生かしていける」(向井武司専務執行役員)との読みがマツダにはある。

ウエットな関係を維持

 マツダが自主開発のもう一つの狙いとして挙げたのが「中国地方の産業と雇用を守る」ことだった。eアクスルの生産技術開発で組む3社はいずれも広島県に本拠を置き、マツダと関係は深い。「中国地域ではマツダを含め約1万人の製造業従事者が内燃機関に関わっている。この産業、雇用を維持するためにも取引先を含むサプライチェーン全体での業態転換の促進が必要」と廣瀬専務は話す。

 EVシフトにより、自動車産業で強固に構築されてきたピラミッド構造は揺らいでいる。部品構成がエンジン車よりもシンプルになるため、系列のサプライヤーに依存せずとも、コスト競争力に優れた部品をその道の有力サプライヤーから調達すればよいとの見方もある。

 マツダは今回、こうした考え方にも背を向けた。逆に中国地方の企業連合というローカル色を強く打ち出し、サプライヤーとの間で培ってきた「ウエットな関係」を強める。

 今回の経営方針の発表に当たっては、緩やかな連合を形成するトヨタとの新たな取り組みが打ち出されるのではないかと見る向きもあった。だが、そうした発表は一切なく、むしろ「中国地方の産業界の雄」として、地場連合を主体的に形成し、独立を保とうとする姿勢が強く打ち出された。

 もっとも、こうしたマツダの戦略はリスクと背中合わせだ。ラージ商品群に対する市場の審判が下るのはこれから。マツダがEVを本格投入する頃には、既に競合メーカーは効率的なEVの量産体制を構築している可能性もある。エンジンにこだわってきたメーカーとして、そして地方企業の雄としての強みを生かそうとする戦略はEVの世界に通用するのか。マツダにとって存在意義が問われる戦いが始まろうとしている。

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。