米大統領選の投票日だった11月3日、米カリフォルニア州では配車サービスをめぐる住民投票も実施された。米ウーバーテクノロジーズや米リフトなどの配車サービスの運転手を「従業員」とするよう定めていた州法を、「個人事業主」として扱うように改正する立法案が賛成多数となった。

住民立法案「プロポジション22」の賛成派と反対派がそれぞれカードを掲げて自らの主張をアピールした(写真:AFP/アフロ)
住民立法案「プロポジション22」の賛成派と反対派がそれぞれカードを掲げて自らの主張をアピールした(写真:AFP/アフロ)

 発端はカリフォルニア州政府が、ネットを介して単発の仕事を受注する「ギグワーカー」を保護する州法「AB5」を2020年1月に施行したことだった。ウーバーやリフトの運転手を「従業員」として扱わなくてはならないと定めた。

 5月にはカリフォルニア州やロサンゼルス市、サンフランシスコ市などが、運転手を個人事業主として扱って社会保障費などの負担を免れるのは州法違反だとしてウーバーとリフトの2社を相手取って訴訟を提起した。カリフォルニア州の控訴裁判所は10月22日、一審に続いて運転手を従業員として扱うよう2社に命じていた。

 雇用保険や労災の補償などにかかる費用が年間数億ドル増えるとみられていたウーバーなどの企業はAB5に反発。ウーバーやリフト、料理宅配の米ドアダッシュ、食料品配達の米インスタカートなどは運転手を「個人事業主」として扱うようAB5を修正する住民立法案「プロポジション22」の承認を目指し、計2億ドル(約210億円)もの活動費を投じてきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1003文字 / 全文1566文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催、「なぜ世界はEVを選ぶのか」(全2回)

 日経ビジネスLIVEでは2人の専門家が世界のEV事情を解説するウェビナーシリーズ(全2回)を開催します。

 9月30日(金)19時からの第1回のテーマは「2035年、世界の新車6割がEVに 日本が『後進国』にならない条件」。10月14日(金)19時からの第2回のテーマは「欧州電池スタートアップのCTOが現地報告、巨大市場争奪の最前線」です。各ウェビナーでは視聴者の皆様からの質問をお受けし、モデレーターも交えて議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。


■第1回:9月30日(金)19:00~20:00(予定)
テーマ:2035年、世界の新車6割がEVに 日本が「後進国」にならない条件
講師:ボストン コンサルティング グループ(BCG)マネージング・ディレクター&パートナー滝澤琢氏

■第2回:10月14日(金)19:00~20:00(予定)
テーマ:欧州電池スタートアップのCTOが現地報告、巨大市場争奪の最前線
講師:フレイル・バッテリー(ノルウェー)CTO(最高技術責任者)川口竜太氏


会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
主催:日経ビジネス
受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。