「走行したルート内で、違反を3カ所しています」

 運転終了から僅か1分ほどで、一時停止の場所で車を止めたか、法定速度を守ったかなど、どの地点で交通違反があったのかを地図アプリ上に表示する。9月30日にそんなサービスの提供を始めた会社がある。交通安全管理システムを手がけるジェネクスト(横浜市)だ。

 同社のアプリ「AIコンタクトモバイル」は、一時停止や一方通行、「8時から20時までは走行できる」といったものまで標識情報をデジタル化。準天頂衛星「みちびき」から取得した車の位置データと掛け合わせることで、走行中の車が道路上のルールを守っているかを判断する。

 これまでの同社のサービスは、専用の車載機器を使って交通違反を検知していたが、スマホアプリを使えば特別な機器が不要になる。製薬会社や保険会社など、社員が営業車を運転している企業を中心に、月額980円でアプリを提供する。

 社員が使う車両の交通違反を減らすことができれば、企業は車両にかかる自動車保険のコストを抑えられ、何より事故の低減にもつながる。ジェネクストの笠原一社長は「急ブレーキを踏んだっていい。交通ルールを守ることが、何よりも交通事故を起こさせないために最も欠かせないことだ」と強調する。

笠原一社長が初めて買った車は「ユーノスロードスター」。歩行者として道を歩く際にも、無理な横断はしない
笠原一社長が初めて買った車は「ユーノスロードスター」。歩行者として道を歩く際にも、無理な横断はしない

 こう話す背景には、笠原氏が関わってきた約200件もの事故の鑑定がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1627文字 / 全文2200文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。