東京・千代田区の大手町・丸の内・有楽町地区で10月27日、電動キックボードを公道で走行させる実証実験がスタートした。政府認可の実証実験は今回が日本で初めて。免許携帯やナンバープレート装着、ヘルメット着用など走行に求められる要件は原付きと同じだが、国の特例制度を活用し、車道に加えて自転車レーンでの走行も可能になった。

電動キックボード公道走行の実証実験がスタートした

 プロジェクトを主導する1社、小型電動モビリティーのシェアリングサービスを手がけるLuup(ループ、東京・渋谷)の岡井大輝社長は「将来、電動小型モビリティーは不可欠な存在になる。まずは電動キックボードをきっかけに、どうすれば安全に走行できるのか議論を深めていきたい」と話す。今後は西新宿や渋谷区、世田谷区でも同様の実証実験を進めていく予定だ。

 今回の実証実験では、公募で選ばれた参加者に電動キックボードを貸与し、エリア内での走行を検証する。2021年の3月中旬まで実施し、千代田区全体で20~30台程度が走行する計画だ。また、周辺エリアの開発を手掛ける三菱地所が実験に参加。モビリティポートと呼ばれる機体の駐輪場所などを提供するほか、スマートシティプロジェクトの一環として街づくりに新たなモビリティーを取り込んでいく。

 電動キックボード(キックスケーター)は、モーターを内蔵し時速20キロ前後で走ることができる自走式のキックボードだ。シェアサイクルよりも手軽な小型(マイクロ)モビリティーとして、ここ数年で海外の都心部で急拡大した。

参考記事:増える電動モビリティー、次に来るのはキックボードか

 日本でも19年5月にマイクロモビリティ推進協議会が発足。複数の事業者が社会実装を目指して取り組みを進めていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1133文字 / 全文1852文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。