中国国外へ輸出も

 これまでもホンダは中国市場で、東風ホンダの「X-NV」や広汽ホンダの「理念VE-1」といったEVを販売してきた。今回新たに自社ブランドのEVを投入することで商品ラインアップを拡大し、EV市場の攻略に本腰を入れる。

 市場開拓の本気ぶりを示したのは、東風ホンダ、広汽ホンダの両方にEV工場を建設し、24年に稼働させるとの発表だった。大型の設備投資にはクルマが思うように売れなかったときのリスクがつきまとうが、ホンダはリスクよりも成長性を重視した積極策に打って出る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1547文字 / 全文2683文字

【初割】月額プランが3月末まで無料

人気コラムも、特集もすべての記事が読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。