トヨタ自動車が10月1日、新型の電気自動車(EV)を発売した。最高時速は人が歩く速さに近い2~10kmで、大型商業施設などでの歩行支援を目的とする。若者のクルマ離れが指摘される中、シニア層の社会参加支援というもう一つの成長市場を狙う。

トヨタ自動車が発売した立ち乗り型の3輪EV
トヨタ自動車が発売した立ち乗り型の3輪EV

 トヨタ自動車が10月1日に発売したのは、3輪EV「C+walk(シーウォーク)」の立ち乗りモデル。ショッピングセンターや空港、工場、公園といった大型施設での歩行支援を想定して開発した。

 ステップに立ってハンドル左右にあるアクセルレバーを操作するだけで発進や加減速、停止ができる。3輪で車体を安定させ、ステップの高さを15cmと低く抑えるなど、シニアでも不安を感じずに利用できるようにした。最高時速は人が歩く速さに近い2~10kmに設定できる。

 2019年10月に商品化を発表した時点では20年冬ごろの発売を想定していた。乗り手を選ばない移動手段としての完成度を高めるため細部まで改良を重ね、1年近く延期することになった。人が往来する空間でも安心して走れる障害物検知機能や下り坂などでの速度抑制機能も備えた。

 価格は35万円前後。大型商業施設のシニア警備員などを対象とする実証試験を重ねてきたトヨタは、業務の効率化や働き手の負荷軽減などの効果を測り、法人需要を見込める価格に設定した。10月時点の現行法下では公道(歩道)の走行はできないが、「電動車椅子と同様の扱いにしてもらうなど、関連法規の見直しも見据え、将来的には公道での使用も見込む」(トヨタ自動車ZEV B&D Labグループマネージャの谷中壮弘氏)。

高齢者の4人に1人が働く時代に

 脱炭素の切り札として急速に⽴ち上がったEVだが、⽇本が直⾯するシニアの社会参加という課題の解決にも重要な役割を担うことになりそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り768文字 / 全文1531文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。