ホンダは9月30日、航空や宇宙といった“宙(そら)”への挑戦を加速させる方針を示した。2018年から進めた本田技術研究所の抜本改革により、将来を見据えた種まきに集中できる環境が整った。空飛ぶクルマを使うモビリティーサービスの事業化や、小型人工衛星を打ち上げるロケットの開発を進めていく。

 「我々に普通のことは期待されていない。普通では認められないので、チャレンジャーでありたい」

 ホンダの研究開発における使命をこう語ったのは、本田技術研究所の大津啓司社長。9月30日、電動垂直離着陸機(eVTOL)や小型ロケット、月面エネルギーシステムなどの研究開発の状況を初めて明らかにし、航空や宇宙などの分野に力を入れる方針を示した。

 ホンダの三部敏宏社長は4月の就任会見で「次の夢として、モビリティーを3次元、4次元に拡大する」と、空や宇宙、ロボットに関する研究の存在を示唆していた。今回の発表はその取り組みの内容を明確にしたものだ。

 「空飛ぶクルマ」と呼ばれるeVTOL分野では、ガスタービンエンジンと電動化技術を組み合わせた「Honda eVTOL」の開発を進めている。ハイブリッド式にして400km程度の航続距離を実現し、都市内の近距離移動だけでなく中長距離の高速移動を可能にする考えだ。

ホンダが開発を進める空飛ぶクルマ「Honda eVTOL」。ガスタービンエンジンとバッテリーのハイブリッドで、25年以降の認定取得を目指す
ホンダが開発を進める空飛ぶクルマ「Honda eVTOL」。ガスタービンエンジンとバッテリーのハイブリッドで、25年以降の認定取得を目指す

 機体の開発では「ホンダジェット」での型式認定の取得経験や設計のノウハウ、自動運転車の制御技術などを応用していく。本田技術研究所の川辺俊フェローは「製造業のホンダがシステムやサービスを作る会社に業態を変えていく」と、機体開発だけにとどまらないビジョンを明かした。2025年以降に機体の認定を取得し、30年から自動車などの地上のモビリティーと組み合わせた移動サービスとしての事業展開を目指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1045文字 / 全文1792文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。