独ダイムラーのトラック・バス事業会社であるダイムラー・トラックは9月16日、燃料電池車(FCV)などの電動化戦略について発表した。マーティン・ダウム会長は「将来に向け、カーボンニュートラルな製品を生み出していく」と述べ、大型FCVトラック「GenH2」を公開した。

 GenH2は航続距離が1000キロメートル以上と長距離での輸送に適している。2023年に顧客向けのテスト走行を開始し、20年代後半には量産を開始する計画だ。

 GenH2は1本で40キログラムの液体水素を貯蔵できるタンクを2本搭載する。液体水素は体積当たりのエネルギー密度が高いため、燃料タンクを小型化した。またバッテリーも備え、加速する際や荷物が満載のときにFCVのシステムを補助する。

ダイムラー・トラックは燃料電池トラックを20年代後半に量産する考えだ

 ダイムラーが燃料電池トラックの開発を急ぐのも、欧州域内で厳しい環境規制が予定されているからだ。欧州連合(EU)は新たに製造するトラックについて30年をめどに二酸化炭素(CO2)の排出量を30%削減し、50年には域内の温暖化ガスを実質的にゼロにする方針を掲げる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1131文字 / 全文1596文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。