人馬一体。1989年に発売したマツダのスポーツカー「ユーノス ロードスター」を契機に生まれたこの考え方は、運転する人と車が心を通い合わせるというコンセプトだ。

 最近では、骨盤を立てることで体の揺れを抑え、滑らかな運転へと生かす新たな人馬一体の考え方が生まれた。2019年から販売を始めた新世代商品群には、この考え方に基づくシートを導入した。人の動きに着目し、新たな人馬一体の考え方の核となる部分に携わっているのが、車両開発本部で操縦安定性能エンジニアを務める虫谷泰典氏である。

マツダの虫谷泰典氏は車両の操縦安定性能の開発を手がける
マツダの虫谷泰典氏は車両の操縦安定性能の開発を手がける

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2053文字 / 全文2308文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。