ホンダは8月5日、2021年3月期の連結業績見通し(国際会計基準)が売上高で前の期比14%減の12兆8000億円、営業利益で68%減の2000億円になりそうだとの見通しを発表した。

 21年3月期通期の四輪車販売は前の期比6%減の450万台の見通し。中国での市場刺激策など、足元の販売が持ち直していることが他メーカーに比べて強気の予想を維持する一因となっている。

 4~6月期で62.3%減と大きく落ちこんだ二輪車の販売も、ベトナムやタイなどでは「コロナの影響を受けていない」(倉石誠司副社長)こともあり年後半に向け回復を見込む。「インドやインドネシアはもともと採算が悪いので台数減は収益には大きく響かない」(証券アナリスト)との見方も今期の黒字予想を後押しする。

 とはいえ営業利益ベースでは約7割の大幅減益となる通期見通しのなかで見逃せないのが、研究開発支出の増加だ。新型コロナウイルスの影響により販売面で大きな影響を受けるなかでも、今期は前期比5%増の8600億円と増やす方針だ。水準も過去最高となる。

21年3月期の設備投資などの見通しを説明するホンダの竹内弘平専務取締役
21年3月期の設備投資などの見通しを説明するホンダの竹内弘平専務取締役

 売上高に対する研究開発費の比率も6.7%と前の期に比べて1.2ポイント上昇し、同4.6%の見通しのトヨタ自動車に比べても2ポイント高い。自動運転や電動化で何とか生きていかなければいけない危機感が研究開発費の増加にはにじんでいる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1128文字 / 全文1702文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。