三菱ふそうトラック・バス(川崎市)は7月30日、スマートフォンで操作できるゴミ収集車のコンセプトトラック「eCanter SensorCollect」を公開した。作業員が腕に取り付けたスマホを操作すると、運転席には誰もいないトラックが人を追従したり、自動で走行したりするというものだ。

 通常、ゴミ収集では集積所の近くでトラックが一旦停止し、複数の作業者がゴミをトラックに詰め込むとまた次の集積所に向かう。三菱ふそうのゴミ収集車はスマホの専用アプリをタップすれば動かすことができる(下の動画参照)。車外からの操作でトラックを止めたり進めたりすることが可能で、運転席に人がいない状態のままゴミの収集作業を続けることができる。車両のすぐ近くに人がいれば急停止する安全機能も備える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り687文字 / 全文1030文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。