全1030文字

 三菱ふそうトラック・バス(川崎市)は7月30日、スマートフォンで操作できるゴミ収集車のコンセプトトラック「eCanter SensorCollect」を公開した。作業員が腕に取り付けたスマホを操作すると、運転席には誰もいないトラックが人を追従したり、自動で走行したりするというものだ。

 通常、ゴミ収集では集積所の近くでトラックが一旦停止し、複数の作業者がゴミをトラックに詰め込むとまた次の集積所に向かう。三菱ふそうのゴミ収集車はスマホの専用アプリをタップすれば動かすことができる(下の動画参照)。車外からの操作でトラックを止めたり進めたりすることが可能で、運転席に人がいない状態のままゴミの収集作業を続けることができる。車両のすぐ近くに人がいれば急停止する安全機能も備える。