トヨタ自動車は2021年1月、先端ソフトウエアを手がける新会社を設立する。以前からある自動運転技術の開発会社から派生する形で、同技術の新領域での展開を模索する。トヨタは21年にコネクテッドシティー「ウーブン・シティ」に着工する予定。新会社は「街向けOS(基本ソフト)」を開発する母体になるともみられる。

(写真:つのだよしお/アフロ)

 「トヨタが大切に紡いできた思いを引き継ぎ、新たにトヨタの未来を切り開いていくための会社だ」。トヨタの子会社、トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD、東京・中央)が7月28日に発表した同社の新組織への改編。1000字近い長文を寄せた豊田章男社長のコメントには、違和感を覚えるほどの力がこもっていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1371文字 / 全文1706文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。