ホンダは7月30日、自社の知的財産戦略に関連する発表会を開いた。既存の特許など知財に関する領域でAI(人工知能)を活用し、特許の維持更新にかかる手間を低減する戦略を推し進める一方、「標準化」をかけ声にオープンイノベーションにも打って出る。

 成果の1つが同日発表した、内田洋行が発売するオフィス用椅子。ホンダが軽自動車用シート向けに開発した抗アレルギー物質、抗ウイルス性能を持つ生地を採用した。ホンダはオープンイノベーションに打って出る技術をAIが決めることも視野に入れているもようだ。

ホンダが内田洋行との協業で開発したオフィス用椅子。軽自動車用シート向けに開発した抗アレルギー物質、抗ウイルス性能を持つ生地を採用した。
ホンダが内田洋行との協業で開発したオフィス用椅子。軽自動車用シート向けに開発した抗アレルギー物質、抗ウイルス性能を持つ生地を採用した。

 ホンダが全世界で有する特許はおよそ5万件。特に新興国での事業拡大に伴って新興国での特許が増えているという。これを維持するには「年数十億円の費用がかかる」(ホンダの知的財産・標準化統括部の別所弘和統括部長)。しかも年4回、特許の更新が必要かどうかを審査する手間もかかっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り838文字 / 全文1225文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。