全1749文字

 日産自動車は7月28日、2020年4~6月期の決算を発表した。売上高は前年同期比50.5%減の1兆1741億円、営業損益は1539億円の赤字だった。同時に発表した21年3月期の通期予想は6700億円の最終赤字で、営業赤字4700億円は過去最大となる。同日開いた記者会見で、内田誠社長兼CEO(最高経営責任者)は「新型コロナウイルスの影響で世界の全体需要が減り、販売台数も大幅に減少した」とし、「地域によってコロナの影響が不透明になっている」と述べた。

7月28日、オンラインで決算を発表した日産の内田社長(中央)

 20年4~6月期の世界販売台数は前年同期比47.7%減少の64万3000台。仏ルノー、三菱自動車との3社連合(アライアンス)では開発や販売の先導役となる「リーダー」とサポートする「フォロワー」の役割分担を明確にする新たな枠組みを打ち出したが、日産がリーダー役を担う米国市場での販売落ち込みが深刻になっている。

 新型コロナウイルスの猛威が続く米国では自動車販売は各社とも軒並み落ち込んでいる。米ゼネラル・モーターズ(GM)の4~6月期の販売台数は前年同期比34%減の49万2489台、トヨタ自動車は同34.6%減の39万8029台、ホンダは同27.9%減の29万3502台となった。

 一方、日産の米国の販売台数は前年同期比49.5%減の17万7328台。減少幅は他社よりも大きい。アシュワニ・グプタCOO(最高執行責任者)は「ディーラーとの良好な関係を目指し、財務的には健全性を構築する」と言うが、反転攻勢に欠かせない主な新型車は今秋に投入される予定のSUV(多目的スポーツ車)「ローグ(日本名:エクストレイル)」まで待たなければならない。長年、販売奨励金に頼った米国での販売スタイルを改善するには時間が必要だ。