三菱自動車は7月27日、2022年度までの新しい中期経営計画を発表した。国内の生産拠点閉鎖などでコストを削減し、シェアの高いASEAN(東南アジア諸国連合)への投資は強化する方針を掲げた。同日開いたオンラインでの記者会見で、加藤隆雄CEO(最高経営責任者)は「事業環境が厳しい中、全方位の拡大戦略を取るのは現実的ではない」と述べた。

 固定費削減のため、岐阜県坂祝町にある製造子会社「パジェロ製造」の生産を21年上期中に停止、閉鎖する。1982年に初代モデルが発売され、90年代には「RVブーム」の先駆けとなるなどかつては三菱自動車の看板車種だったSUV(多目的スポーツ車)「パジェロ」の国内生産は終了し、SUV「アウトランダー」などの生産を岡崎製作所(愛知県岡崎市)へ移管する。パジェロ製造で働く1000人の従業員の雇用は維持する。

かつての看板車種だった「パジェロ」の国内生産を終了する

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1308文字 / 全文1685文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。