中国の電気自動車(EV)最大手、比亜迪(BYD)が日本の乗用車市場に参入する。7月21日、EV3車種を2023年から投入し、販売店網も構築すると発表した。BYDといえばEV販売で首位の米テスラを追いかける中国勢のリーダーだ。これまで中国メーカーは不在で、EVに対する慎重論も根強い日本の乗用車市場に攻め込む。日本法人のトップは日経ビジネスの取材に「日本でのEV社会づくりに貢献したい」と意気込みを語った。

 「(日本参入にあたって)時間をかけて研究した。日本のあらゆる人にとって電気自動車(EV)が身近な選択肢となるようにしたい」。日本法人、BYDジャパン(横浜市)の劉学亮社長は発表会でこう語った。自社のEVの強みとして、安全性と航続性能、豊富なラインアップ、手ごろな価格を挙げた。中国発のEVの乗用車が正規輸入で国内に上陸するのは初めてだ。

23年からEV3車種を投入する。左からセダン、SUV、小型ハッチバック(7月21日、BYDジャパンの発表会)
23年からEV3車種を投入する。左からセダン、SUV、小型ハッチバック(7月21日、BYDジャパンの発表会)

 まず23年1月に多目的スポーツ車(SUV)タイプの「ATTO3(アットスリー)」の販売を始め、セダンや小型車も投入する。販売やアフターサービスを手がける子会社も設立した。BYDジャパンの東福寺厚樹執行役員は「車の購入においてリアルな体験は欠かせない。ウェブ販売には頼らない」と強調。25年末までに全国に100店超の販売店網を整備する方針を示した。

 アットスリーは中国では2月に販売を始めた人気モデルで、オーストラリアやシンガポールなどでも売る世界戦略車だ。日本でこれと競合するSUVタイプのEVには、日産自動車「アリア」やトヨタ自動車「bZ4X」のほか、欧州メーカーの製品などもある。いずれも大容量バッテリーを搭載し、航続距離は約470~500キロメートル程度だ。アットスリーの差異化ポイントは価格になりそうだ。

BYDのSUV「アットスリー」。ホームマーケットである中国のほか豪州やシンガポールでも販売する。
BYDのSUV「アットスリー」。ホームマーケットである中国のほか豪州やシンガポールでも販売する。

 BYDジャパンはアットスリーの販売価格を11月に公表するとした。中国での価格は14万~17万元(約290万~350万円)、豪州では約4万5000豪ドル(約420万円)だ。日本は豪州と同水準となることが想定される。アリア(539万円から)などを下回る価格設定になりそうだ。

内装デザインは「斬新」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2857文字 / 全文3748文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催、「なぜ世界はEVを選ぶのか」(全2回)

 日経ビジネスLIVEでは2人の専門家が世界のEV事情を解説するウェビナーシリーズ(全2回)を開催します。

 9月30日(金)19時からの第1回のテーマは「2035年、世界の新車6割がEVに 日本が『後進国』にならない条件」。10月14日(金)19時からの第2回のテーマは「欧州電池スタートアップのCTOが現地報告、巨大市場争奪の最前線」です。各ウェビナーでは視聴者の皆様からの質問をお受けし、モデレーターも交えて議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。


■第1回:9月30日(金)19:00~20:00(予定)
テーマ:2035年、世界の新車6割がEVに 日本が「後進国」にならない条件
講師:ボストン コンサルティング グループ(BCG)マネージング・ディレクター&パートナー滝澤琢氏

■第2回:10月14日(金)19:00~20:00(予定)
テーマ:欧州電池スタートアップのCTOが現地報告、巨大市場争奪の最前線
講師:フレイル・バッテリー(ノルウェー)CTO(最高技術責任者)川口竜太氏


会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
主催:日経ビジネス
受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。