電気自動車(EV)シフトが自動車業界の秩序を突き崩している。後発の米テスラがEV市場をリードし、異業種から車への新規参入も相次ぐ。既存の自動車メーカーやそこで働く技術者らは混戦模様のこれからの自動車市場で勝ち抜くため、どんな自己変革を求められているのか。低燃費と走りの両立を狙ったマツダの「スカイアクティブ技術」の生みの親で、業界きってのエンジン技術者として名をはせた人見光夫シニアフェロー イノベーションに話を聞いた。

人見光夫(ひとみ・みつお)氏 マツダ・シニアフェロー イノベーション
人見光夫(ひとみ・みつお)氏 マツダ・シニアフェロー イノベーション
1954年生まれ。東京大学大学院航空工学科修士課程修了、79年マツダ入社。ほぼ一貫してエンジンの先行技術開発に携わり、2011年執行役員パワートレイン開発本部長・コスト革新担当補佐、常務執行役員 技術研究所・パワートレイン開発・電気駆動システム開発担当などを経て、17年常務執行役員シニア技術開発フェロー 技術研究所・統合制御システム開発担当、19年シニアイノベーションフェロー、22年4月から現職(写真:柴仁人)

自動車業界で電気自動車(EV)シフトが大きな潮流となっています。車づくりに関わってきた一人ひとりの技術者、自動車メーカー、部品メーカーはどんな自己変革を求められているのでしょうか。

人見光夫マツダ・シニアフェロー イノベーション(以下、人見氏):いかに燃費と走りを良くして、いかに安くするか、排ガス規制にいかにスマートに対応するか――。今までエンジン関連の技術者はこうしたことを考えていれば良かったのです。自動車メーカーと取引するサプライヤーもそれに適用できるような部品を提案していれば良かった。

 でも今からは違います。動力源がモーターに置き換わると、どこの会社が作ったってもうエンジンみたいな差は出てきません。今まで競ってきたような性能の領域で競争する時代ではなくなります。バッテリーなどに使われる素材が足りないこともあって、EVは簡単には安くならないともみています。

 (ホンダと提携した)ソニーグループのような異業種がEV市場に入ってきます。彼らがエンターテインメントを目玉に車を売ろうとしたとき、我々もそれに追従するのかどうか。一部は追従すると思いますが、(既存の自動車メーカーは)どう生きていくか、という根源的な問いに向き合わなければなりません。

 IT(情報技術)のスタートアップ企業などは技術を持ちながら、顧客に対してどんな価値を提供するか、どう人々の生活を変えるかというところを追求しています。自動車の技術者もそこまで考えなければなりません。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4892文字 / 全文5756文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催、「なぜ世界はEVを選ぶのか」(全2回)

 日経ビジネスLIVEでは2人の専門家が世界のEV事情を解説するウェビナーシリーズ(全2回)を開催します。

 9月30日(金)19時からの第1回のテーマは「2035年、世界の新車6割がEVに 日本が『後進国』にならない条件」。10月14日(金)19時からの第2回のテーマは「欧州電池スタートアップのCTOが現地報告、巨大市場争奪の最前線」です。各ウェビナーでは視聴者の皆様からの質問をお受けし、モデレーターも交えて議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。


■第1回:9月30日(金)19:00~20:00(予定)
テーマ:2035年、世界の新車6割がEVに 日本が「後進国」にならない条件
講師:ボストン コンサルティング グループ(BCG)マネージング・ディレクター&パートナー滝澤琢氏

■第2回:10月14日(金)19:00~20:00(予定)
テーマ:欧州電池スタートアップのCTOが現地報告、巨大市場争奪の最前線
講師:フレイル・バッテリー(ノルウェー)CTO(最高技術責任者)川口竜太氏


会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
主催:日経ビジネス
受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。