いつかはクラウン――。そんなキャッチフレーズで一世を風靡したトヨタ自動車のロングセラーの高級車「クラウン」。トヨタは7月15日、16代目となる新型車を発表した。多目的スポーツ車(SUV)など4つの車体タイプをそろえ、世界約40カ国・地域で順次販売する。時代の流れに逆らえず販売が低迷していた国内専売の「おじ様の車」と決別し、グローバルプレミアムカーとして復権を狙う。

 「クラウンは、今まではかっこいいおじ様が乗るイメージだった。例えば、女性が乗っていると『ご主人のを借りたのですか?』と言われ、若い人が乗っていると『お父さんのを借りたの?』と言われた。今回は、どれに乗っても『自分の車』と言えるラインアップがそろった」

 「クラウンの15代にわたる歴史は絶えず革新にチャレンジしてきた歴史だった。(中略)ロングセラーが生き残っていく方策は、自らが変わっていくことだと思う」

 16代目クラウンの発表会に出席したトヨタ自動車の豊田章男社長はプレゼンテーションや質疑応答の場で、「革新」「変化」といった観点を繰り返し強調した。

今秋から順次発売する16代目クラウン。世界約40カ国・地域で販売するグローバルカーとなる(写真:三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY)
今秋から順次発売する16代目クラウン。世界約40カ国・地域で販売するグローバルカーとなる(写真:三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY)

 かつての代替わりの際、「ゼロクラウン」「リボーン(生まれ変わった)」といった言葉で新しさや変化を訴えたものの、伝統的なセダンの形を脱することはなかったクラウン。16代目は4タイプのうち、3タイプは多目的スポーツ車(SUV)、またはSUVの要素を取り入れた「クロスオーバー」車としたことで、変化の幅ははるかに大きい。

 新クラウンシリーズの第1弾となるクロスオーバーはハイブリッド車(HV)で今秋ごろ、その他は2023年にそれぞれ発売する予定だ。クロスオーバー車の価格は435万円からと、15台目クラウンに比べ50万~100万円引き下げ、従来よりも幅広い顧客の獲得を目指す。

 発表会の場では16代目クラウンの開発がスタートするきっかけとなったエピソードが紹介された。

マイナーチェンジの提案を蹴飛ばす

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2165文字 / 全文3011文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催、「なぜ世界はEVを選ぶのか」(全2回)

 日経ビジネスLIVEでは2人の専門家が世界のEV事情を解説するウェビナーシリーズ(全2回)を開催します。

 9月30日(金)19時からの第1回のテーマは「2035年、世界の新車6割がEVに 日本が『後進国』にならない条件」。10月14日(金)19時からの第2回のテーマは「欧州電池スタートアップのCTOが現地報告、巨大市場争奪の最前線」です。各ウェビナーでは視聴者の皆様からの質問をお受けし、モデレーターも交えて議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。


■第1回:9月30日(金)19:00~20:00(予定)
テーマ:2035年、世界の新車6割がEVに 日本が「後進国」にならない条件
講師:ボストン コンサルティング グループ(BCG)マネージング・ディレクター&パートナー滝澤琢氏

■第2回:10月14日(金)19:00~20:00(予定)
テーマ:欧州電池スタートアップのCTOが現地報告、巨大市場争奪の最前線
講師:フレイル・バッテリー(ノルウェー)CTO(最高技術責任者)川口竜太氏


会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
主催:日経ビジネス
受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。