羽田イノベーションシティ内には、自動運転のテストコースも設置された

 日本の「空の玄関」である羽田空港周辺が、自動運転の技術開発の新たな集積地になろうとしている。

 7月6日、デンソーは東京・大田区の大規模複合施設「羽田イノベーションシティ(HICity)」に自動運転の研究開発拠点を開業した。デンソーはHICityの一角に自動運転車両を試作する車両整備棟と、実証実験用のテストコースを整備し、約130人の従業員が働く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1076文字 / 全文1261文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。