危険運転の適用範囲を広げる改正自動車運転処罰法が7月2日、施行された。走行中の車を妨害しようと車を接近させるなど、事故を引き起こす危険性があるケースを新たに取り締まりの対象とした。厳罰化を受けドライブレコーダーを購入する客も増えるなか、自分が加害者に間違えられないようにする「自衛」のニーズも出てきた。

 危険運転の適用範囲を広げる改正自動車運転処罰法が7月2日、施行された。車を接近させたり、停車させたりするといった、車の走行を妨害する「あおり運転」を新たに取り締まりの対象とした。

 危険運転致死傷は飲酒運転や過度なスピードによる走行といった行為が適用の範囲とされてきた。今回の改正では、速度の要件を設けず危険運転致傷としてあおり運転を処罰の対象とした。死亡事故を起こした場合には、最高で懲役20年となる。

 法改正の背景にあるのが、神奈川県の東名高速道路で2017年6月に発生した夫婦二人が亡くなった事故だ。あおり運転により前方をふさがれたワゴン車が後続のトラックに追突された。前方を走行中の車両が速度を著しく落としてワゴン車を停車させるような行為が原因となったが、危険運転とは認められていなかった。法務省は「死傷者事犯の実情等に鑑み、事案の実態に即した対処をするため」と改正の理由について説明する。

 あおり運転の厳罰化については改正道路交通法が6月30日に施行されている。法改正により、妨害目的で走行中の車を停止させたり、道路上で接近したりするあおり運転を危険運転とし、「妨害運転罪」として規定した。違反すると最高で5年以下の懲役、100万円以下の罰金が課され、免許は取り消しとなる。改正自動車運転処罰法と改正道路交通法の2つを厳罰化することで、あおり運転を抑制する狙いだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り736文字 / 全文1481文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。