全1481文字

危険運転の適用範囲を広げる改正自動車運転処罰法が7月2日、施行された。走行中の車を妨害しようと車を接近させるなど、事故を引き起こす危険性があるケースを新たに取り締まりの対象とした。厳罰化を受けドライブレコーダーを購入する客も増えるなか、自分が加害者に間違えられないようにする「自衛」のニーズも出てきた。

 危険運転の適用範囲を広げる改正自動車運転処罰法が7月2日、施行された。車を接近させたり、停車させたりするといった、車の走行を妨害する「あおり運転」を新たに取り締まりの対象とした。

 危険運転致死傷は飲酒運転や過度なスピードによる走行といった行為が適用の範囲とされてきた。今回の改正では、速度の要件を設けず危険運転致傷としてあおり運転を処罰の対象とした。死亡事故を起こした場合には、最高で懲役20年となる。

 法改正の背景にあるのが、神奈川県の東名高速道路で2017年6月に発生した夫婦二人が亡くなった事故だ。あおり運転により前方をふさがれたワゴン車が後続のトラックに追突された。前方を走行中の車両が速度を著しく落としてワゴン車を停車させるような行為が原因となったが、危険運転とは認められていなかった。法務省は「死傷者事犯の実情等に鑑み、事案の実態に即した対処をするため」と改正の理由について説明する。

 あおり運転の厳罰化については改正道路交通法が6月30日に施行されている。法改正により、妨害目的で走行中の車を停止させたり、道路上で接近したりするあおり運転を危険運転とし、「妨害運転罪」として規定した。違反すると最高で5年以下の懲役、100万円以下の罰金が課され、免許は取り消しとなる。改正自動車運転処罰法と改正道路交通法の2つを厳罰化することで、あおり運転を抑制する狙いだ。