全1714文字
株式市場での評価の高まりにあわせ、イーロン・マスクCEOの報酬も巨額になっている(写真:AFP/アフロ)

 米EV(電気自動車)メーカー、テスラの「価値」の高騰が止まらない。同社の株式時価総額は先週、一時2277億ドル(約24兆4000億円)まで上昇。トヨタ自動車を抜いて自動車トップに立ち、その後さらに差を広げた。株価上昇の背景にあるのは、新型コロナウイルスの感染拡大による競合他社の落ち込みだ。世界の自動車需要が減退し、各社の次世代技術「CASE」の開発が遅れることで、テスラの独走感が際立つ構図となっている。

 2020年7月1日は自動車産業にとって記念すべき日となった。少し前まで「新興メーカー」の扱いだったテスラの時価総額が2076億ドルとなってトヨタ(21兆7185億円=7月1日時点)を抜き、業界トップに躍り出たからだ。テスラの株価は年初から2.7倍に上昇。コロナショックをものともせず、快走を続けている。

 2日には20年4~6月期の世界販売台数が前年同期比5%減の9万650台だったと発表した。新型コロナの影響で米カリフォルニア州の工場で5月半ばまで操業停止を余儀なくされたが、今年稼働した中国工場での生産が寄与した。販売が急減している他の自動車メーカーと比べ、優位なポジションを固めている。