日本自動車工業会は6月23日、自動車関連の中小企業を対象に資金調達を支援する「助け合いプログラム」の発足を発表した。自工会の会員となる自動車メーカーなどから集めた20億円を担保に信用保証することで、中小のサプライヤーなどが最大1億円の融資を迅速に受けられるようになる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1425文字 / 全文1434文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題