「ノートがつくってきた小型車のセグメントに自ら挑み、上質感を印象づけたい」

 日産自動車の星野朝子副社長は15日に開いたオンライン発表会でこう語った。発表した小型車「ノート オーラ」は独自のハイブリッド(HV)技術「e-POWER」を搭載する。希望小売価格は261万300円(税込み)から。既存の小型車「ノート」と比べると40万~60万円高く、高級感を打ち出したのが特徴だ。主に日本市場で販売し、軽自動車や他メーカーのコンパクトカー、輸入車などに流れていた購買層にもアピールする。

日産自動車は今秋に小型車「ノート オーラ」を発売する

EVへの「エントリー」となるモデルに

 デザインを担当したジオバーニ・アローバ氏が「従来の小型車を超えた、新しいプレミアムセグメントになる」と語るように、ノート オーラは内装にもこだわった。

 シートには革の素材を用い、運転時の疲労を軽減できるように設計した。オーディオ開発企業の米BOSEと共同開発したスピーカーを運転席と助手席のヘッドレスト部分に配置し、クルマという移動空間の中で音響も楽しめるようにした。

ヘッドレスト部分にBOSEと共同開発したスピーカーを配置する

 高級感を特徴にしているが、他社からの乗り換えだけに狙いがあるわけではなさそうだ。日産が抱えるSUV(多目的スポーツ車)の「アリア」などの電気自動車(EV)に至る入り口としてノート オーラを選んでもらいたいという。星野副社長は「電気特有の走りを理解してもらうことで、本当の100%の電気自動車のリーフやアリアに乗ってもらえる。そんな日産の技術を経験してもらえるようにしたい」と強調する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り775文字 / 全文1420文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。