石油産業が歴史的な転換点に立っている。「石油の世紀」だった20世紀に君臨した欧米の石油メジャーが、外部からの「圧力」に相次ぎ苦杯をなめた。石油精製から販売までを展開する国内の石油元売りは、進めていた事業構造の転換をさらに加速しなければならない情勢だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1825文字 / 全文1837文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。