「1週間で7万台の予約が入った」。2030年までに世界の自動車販売の40%を電気自動車(EV)にするとの目標を5月26日(米国時間)に表明した米フォード・モーター。その手応えを示す根拠として明らかにしたのが、19日に発表したピックアップトラック型のEV「F-150ライトニング」の予約台数だ。

 F-150ライトニングは、「全米一売れるクルマ」ともいわれるピックアップトラック「F-150」のEV版だ。車体が大きく重いピックアップトラックを電動化するフォードの本気ぶりは、米国の自動車市場の激変を象徴している。

フォードが発表したピックアップトラック型のEV「F-150ライトニング」
フォードが発表したピックアップトラック型のEV「F-150ライトニング」

 F-150ライトニングの希望小売価格は3万9974ドル(約435万円)から。航続距離は230マイル(約370km)で、大型バッテリーを搭載した場合は300マイル(約482km)の走行ができる。発売は22年春の予定だ。

 フォードのビル・フォード会長は「(F-150を含むピックアップトラックの)Fシリーズは44年間にわたり米国で最も売れているトラックだ。米国全土の労働のバックボーンであり、複数世代の顧客から信頼を集めるアイコンだ。それを新しい世代のために大きく変革させている」とコメントした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り874文字 / 全文1381文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。