日産自動車と三菱自動車が、共同で企画・開発を進めてきた軽自動車のEV(電気自動車)を発表した。国内の競合メーカーに先駆けて軽市場にEVを投入する。EVになじみがなかった主婦層や地方を新たなターゲットに据え、EVの本格普及を図る。高級志向の米テスラなどとは一線を画する新型車で日本にEVを根付かせる戦略だ。

 「毎日の買い物や送り迎えにEVを」。5月20日にお披露目した軽EVの発表会で、日産自動車と三菱自動車は新たなライフスタイルや車の使い方を提案した。日曜日の夜に自宅で8時間充電すれば、平日の日常使いで2日以上走ることができるとアピールした。

 購買層の主なイメージは地方都市や郊外で持ち家に住む主婦層だ。複数の車を持つ家庭のセカンドカー需要を狙う。ガソリンスタンドが自宅から遠い地方特有の課題を受け、自宅での充電を推奨。災害時には一般家庭の1日分の電力を賄える非常用電源としての使い勝手も訴えた。

日産の軽EVの名称は「日産サクラ」。先端性と上質さを伝えるデザインにしたという
日産の軽EVの名称は「日産サクラ」。先端性と上質さを伝えるデザインにしたという

 これまで国内で購入できるEVといえば、1台500万円以上する米テスラなど高級車が中心だった。今回の新型車の登場を機に、国内新車市場の約4割を占める日本独自の軽自動車市場でEVの販売競争が始まる。国の補助金55万円を差し引くと実質価格は「日産サクラ」が178万円から、三菱自の「eKクロス EV」は184万円からとなる。

 価格と性能のバランスを考慮した結果、フル充電1回当たりの航続距離は180キロメートルに抑えた。三菱自の調査によると、軽自動車のユーザーの8割は1日の走行距離が50キロ以下のため、「日常使いには十分」(同社)という。

三菱自が売り出す軽EV「eKクロス EV」
三菱自が売り出す軽EV「eKクロス EV」

共同開発・生産でコスト低減

 180万円前後の価格を実現した背景には、バッテリー単体の価格低下や搭載するバッテリーの数の抑制に加え、2社の軽自動車分野での協業によって開発・生産コストの分散・低減を図れたことがある。軽EVは共同出資会社のNMKV(東京・港)が主導し、日産が開発設計を、三菱自が生産をそれぞれ担当する。バッテリーやモーターなど中身は共通化した。

日産と三菱自の軽EVは三菱自の水島製作所(岡山県倉敷市)で生産する。ガソリン車との混流生産を実現した
日産と三菱自の軽EVは三菱自の水島製作所(岡山県倉敷市)で生産する。ガソリン車との混流生産を実現した

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2472文字 / 全文3339文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。