米レンタカー大手のハーツが5月22日、経営破綻した。100年以上続く老舗企業だが、新型コロナウイルス感染拡大による利用者の急減により経営危機に陥っていた。ハーツは祖業であるレンタカービジネスで拡大路線を敷いたことで、急激に訪れたデジタルの波に逆らえなかった。

 空港などでその黄色い看板を目にしたり、サービスを利用したりしたことのある読者も多いだろう。「Hertz」ブランドを展開するレンタカー大手の米ハーツ・グローバル・ホールディングスは5月22日、米国の裁判所に対し米連邦破産法11条の適用を申請した。事実上、経営破綻したこととなる。

 新型コロナウイルスの感染拡大によりビジネス客や旅行客が減り、需要が大幅に減少。2019年1~3月期に79%だったレンタカーの稼働率は、20年1~3月期には67%に落ち込んでいた。

レンタカーの代表的なブランドだったが、ハーツの資金繰りは苦しかった(写真:AP/アフロ)
レンタカーの代表的なブランドだったが、ハーツの資金繰りは苦しかった(写真:AP/アフロ)

 1918年に米フォード・モーターのセールスマンが立ち上げたハーツは米国のレンタカービジネスの最大手。フランチャイズを含めれば日本をはじめ世界約1万カ所の営業拠点を持ち、空港でのレンタカービジネスを中核に成長してきた。

 新型コロナによる影響が経営破綻の引き金となったものの、以前から経営不振に陥っていた。同社の19年の最終損益は5800万ドル(約62億円)と2期連続の赤字。過去の業績開示が確認できる14年3月末時点から20年3月末時点を見てみると、フリーキャッシュフローは一度も黒字になったことがない。過度な投資が重なり資金繰りが苦しくなっていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1047文字 / 全文1687文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。