対面が基本だった自動車販売のあり方が変わってきた。トヨタ自動車の4月の米国販売は、見積もりから決済までをオンラインで済ませる電子商取引(EC)が大半を占めたもようだ。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界の自動車販売店は店舗の営業休止が相次いだ。そんな中、巨大市場の米国や中国がけん引する形で、ネットで新車を買う新たな事業モデルが育ちつつある。

 「まさか、これほどまでとは」。米国のディーラー筋からの情報に、国内自動車業界の重鎮は目を丸くした。

 トヨタの4月の米国販売は8万4694台だが、このうち政府向けなどを除いた約8万台のほとんどがオンライン販売だったというのだ。トヨタは実数を明らかにしていないが「大部分がオンラインだったのは確か」と話す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1454文字 / 全文1790文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/