モビリティー系のスタートアップ企業による医療施設支援の取り組みが活発になっている。オフィスビルの隙間などで弁当を売る移動販売車「フードトラック」の事業を手掛けるMellow(メロウ、東京・千代田)は医療従事者向けに食事を提供するほか、車中泊事業を運営するCarstay(カーステイ、東京・新宿)は医療施設に休憩や診察目的で使用可能なキャンピングカーを派遣する。

 これらの支援活動を支えるのがトヨタ自動車だ。トヨタグループで金融事業を統括するトヨタファイナンシャルサービス(TFS)と、定額サービスを提供するKINTO(名古屋市)が5月1日、両社への協賛を発表。活動資金の一部を拠出する。資金面でのサポートを足掛かりに、2社は活動をさらに加速させたい考えだ。

通常はオフィス街などで展開するフードトラックを医療施設に派遣する

 「フードトラック」や「キッチンカー」と呼ばれる移動販売車を、空きスペースを保有するビルオーナーとマッチングさせるサービスを手掛けるメロウ。全国850社の飲食事業者と提携しており、以前から「緊急時に食事提供のボランティアをしたいがどうすればいいか」という相談が一部の事業者から寄せられていたという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1226文字 / 全文1712文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。