ブリヂストンは東京都小平市で、研究開発(R&D)拠点「ブリヂストンイノベーションパーク」を本格稼働させた。2021年12月期に過去最高となる3940億円の連結純利益を記録した同社は、構造改革で合理化を進めつつ、デジタル時代の自動車市場を見据えた一段の収益拡大を狙っている。新施設はさまざまな企業との共創による新ビジネスの開発の舞台となる。

 「スピードと柔軟性を持った開発を可能にしていく」。ブリヂストンの坂野真人グローバルCTO(最高技術責任者)はイノベーションパークの開所式典で意気込みを示した。新たな高機能商品やサービス、ビジネスモデルの開発が主な目的だ。

4月下旬に稼働した「ブリヂストンイノベーションパーク」(東京都小平市)
4月下旬に稼働した「ブリヂストンイノベーションパーク」(東京都小平市)

 ブリヂストンが施設全体に投じた額は約300億円。今回新たに稼働するのは、企業や研究機関との共同研究を含めて社内外の共創を推し進めるための施設「ビーイノベーション」と、テストコースの2つだ。

 ビーイノベーションには共創の工夫が凝らされている。新たなアイデアを生み出すため、ブリヂストンの商品や素材を展示した部屋や、遠隔地の映像を映し出す視野角130度の大型スクリーンのある部屋を設けた。たとえば鉱山とリモートでつなぎ、現場にいるような感覚で会議ができるようにする。

 素材や映像を見ることで、会議室でただ話し合うよりも、現場の課題や技術に沿ったアイデアが生まれるという。試作品を製作するのに使う3次元(3D)プリンターやレーザーカッターがある部屋では、思いついたアイデアをすぐに形にできる。目指すのは「『すぐに形にして、すぐに試す』を繰り返すアジャイル(機敏な)開発」だ。

試作品をすぐに作れるよう、3Dプリンターやレーザーカッターを備える
試作品をすぐに作れるよう、3Dプリンターやレーザーカッターを備える

 「オープンイノベーション」を志向する姿勢は設備にも表れている。協業先の社員が自らの会社の会議などに出られるようテレワークボックスを用意。数週間単位で一緒に働く協業相手が他の仕事もできるように配慮した。

 パートナーとして想定するのは、化学メーカーやセンサーの開発などを手掛ける精密機器メーカー、大学のような研究機関だという。

 テストコースは1周約1キロメートルの周回路と約60メートルの多目的路から成る。ブリヂストンはすでに栃木県にテストコースを持つが、そこは主に商品の最終確認のための施設。坂野グローバルCTOによると「エンジニアからはもっとすぐに開発したアイデアを試せる場が欲しいという声が上がっていた」。

 エンジニアらが集う開発拠点にテストコースを併設することで、こうした声にこたえ、試作と実験を素早く繰り返せるようにした。ブリヂストンが外部との協業を推し進め、開発のスピードを上げようとしている背景には、主力のタイヤ事業などを巡る競争環境の大きな変化がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1066文字 / 全文2173文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。