トヨタ自動車は5月、同社初の量産電気自動車(EV)「bZ4X」を国内ではサブスクリプション(定額課金)サービス限定で市場投入する。このサービスを担当するトヨタグループのKINTO(キント)社長の小寺信也氏は日経ビジネスのインタビューに応じ、サブスクによる取り扱いはEVに対する消費者の不安を払拭するためと説明した。2日に発表するbZ4Xのサブスクの月額は「補助金額にもよるが、10万円以下になる」との見通しを示した。量産EVの商品化を機に新しい車の売り方に挑戦することへの思いを聞いた。

小寺信也(こてら・しんや)氏
小寺信也(こてら・しんや)氏
KINTO(キント)社長。1984年一橋大学商学部を卒業しトヨタ自動車入社。営業企画部部長、新興国企画部部長、東アジア・オセアニア本部本部長などを歴任し、2019年から現職

5月12日に「bZ4X」がデビューします。これからEVが主流になっていくとお考えですか。

小寺信也・KINTO(キント)社長(以下、小寺氏):トヨタがEVを本格展開することに高揚感があります。ただ、この先EVがどうなるかについては、正直予想が付かないという気持ちです。

 世の中ではカーボンニュートラル(温暖化ガスの排出実質ゼロ)の切り札がEVだといわれますが、トヨタは少し違うのではないか、もう少し全方位的な対応が必要ではないかと見ています。EVの実力は、蓋を開けてみないと分からない部分があります。

下取りへの懸念払拭

bZ4Xをサブスク限定で提供する意義は何でしょうか。

小寺氏:bZ4X購入を考えていただいている顧客は、ほとんどはガソリン車かハイブリッド車(HV)からの乗り換えになるでしょう。初めて乗るEVに不安を感じる人はすごく多いと思います。「バッテリーが劣化し、下取り価格が下がるのでは」「ガス欠ならぬ『電欠』になったらどう対処すればいいか」「冬には暖房が効かなくなるのでは」などがよく聞かれる懸念です。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2386文字 / 全文3097文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。