全1307文字

 日野自動車が中国の電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)と提携した。2018年に独フォルクスワーゲンの子会社とEVの開発で提携をしていたが、今回のBYDとの協業の狙いは本格的なEVトラックの商用化に向けた電池の確保にあるともいえる。商用車の顧客となる物流会社などは人手不足や燃費改善といった課題に直面しており、EVや自動運転をはじめとした「CASE」への対応が乗用車よりも早いスピードで迫られている。

 日野自動車は4月23日、中国の電気自動車(EV)大手の比亜迪(BYD)と商用EVの開発で提携すると発表した。日野自動車はEVのトラックの開発に着手はしていたものの、販売には至っていなかった。出資など資本面での連携は予定していないが、2020年の半ばごろに本格的なEVトラックの販売を目指すという。

日野自動車はハイブリッド技術のノウハウを生かし、今回は電気自動車の開発で提携する