全1168文字
外出自粛要請を受けタクシーの利用は急減している(写真:アフロ)

 国土交通省は、タクシーによる貨物配送を認める特例措置を開始した。これにより、全国のタクシー事業者は飲食店の料理を各家庭へ配送できるようになる。新型コロナウイルスの影響で需要が落ち込むタクシー業界と、ニーズの急増する宅配サービス業界の需要がマッチして、ルール緩和につながった形だ。

 特例措置は4月21日から5月13日までの期間限定。飲食店とタクシー事業者間で個別に配送料金を設定し、食料品を消費者の家までデリバリーする。配送業を行うためには、タクシー事業者が各都道府県の運輸支局に申請し、許可が必要となる。ただ、手続きの簡便化を意識し、およそ2日程度で許可を得ることができるようにしたという。