トヨタ自動車は2021年4月に新しい運転支援システム「アドバンスドドライブ」を搭載した乗用車を発売した。このシステムは自動運転の「レベル2」に相当し、トヨタ車として初めて「手放し運転」が可能になった(関連記事:後発だけど『レベル2」、トヨタの自動運転に見えた深謀)。14日に開かれた報道機関向けの試乗会で、東京都内の首都高速道路での走行を体験した。

高度運転支援システム「アドバンスドドライブ」を搭載したレクサス「LS」
高度運転支援システム「アドバンスドドライブ」を搭載したレクサス「LS」

 新たな運転支援機能が搭載されたのは、燃料電池車(FCV)「ミライ」と、レクサス・ブランドの新型「LS」の2車種。手放し運転ができるレベル2の運転支援システムは、ホンダや日産自動車、SUBARUなど競合他社も発表している。3月5日には、ホンダが世界初となるレベル3の量産車「レジェンド」を発売した(関連記事:自動運転で世界初「レベル3」 ホンダ・レジェンドに乗ってみた)。

 今回筆者はレクサスLSを試乗した。箱崎パーキングエリア(PA)を出発。首都高速都心環状線(C1)に入り、しばらく走行するとモニターに「Advanced Driveに切り替えますか?」と表示された。ハンドルのスイッチで「OK」を押すと、システムが作動。アクセルやブレーキ、ステアリングなど運転操作を車に任せられるようになる。ただし、この時点では「手放し」はまだできず、ハンドルに手を置く必要があった。

 手を放しても良いかどうかは、モニターの表示の色で判断できる。表示が灰色基調の場合はハンドルを保持する必要があり、青色基調になれば手を放すことができる。ただ、C1ではいつまで走行してもハンズオフの提案は出なかった。これは、道路の制限速度と関係する。

 走行していたC1の制限速度は時速50キロメートル。この場合、システムはハンズオフのモードを提案しない設計になっているという。自動運転・先進安全開発部の上野潤也主任は「交通量が多く、高低差もあるC1はシステムにとっても苦手な場所」と話す。アドバンスドドライブは高速道路や自動車専用道路で作動するが、さらに制限速度の情報によってハンズオフで走行できるエリアをコントロールしているという。

表示が青色に切り替わると、手放し運転が可能になる(動画:トヨタ)

 首都高速湾岸線に入り制限速度が変わると、モニターの表示が青色に変わり「ハンズオフ」が使えるようになった。すべての運転操作が自動となり、膝の上に手を置いた状態でも車は走行を続けた。車両の走行位置や速度に違和感もなく、システムの運転はスムーズだった。トヨタがシステムの先生役として参考にしたのは社内のテストドライバーだ。複数人の走行データを取得し、加減速や車線変更のタイミングなど「上手い運転」の要素を分析して開発に反映したという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2039文字 / 全文3147文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。