NTTグループがトヨタ自動車との資本提携などをテコに、未来の車のための技術開発を急いでいる。車と車、車と街がつながる社会を見据え、通信網の提供にとどまらない付加価値を生むことがゴールだ。並み居る有力自動車メーカーやIT(情報技術)大手がしのぎを削る大舞台で、確かな存在感を示せるか。

 レンタカーでドライブしていると、車内に備え付けのタブレットに通知が来た。「近くにあなたへのお薦めスポットがあります」──。運転者や同乗者の属性を分析し、車に様々なレコメンド情報を配信する、こんなサービスが2022年度に始まる。

 レンタカー会社などと一緒にサービスを立ち上げるのはNTTデータ。デンソーとも組み、ドライバーごとの運転特性などを車載器でつかむ。「運転は人柄を表す」ともいわれるが、車載器で集めたデータを属性情報などと掛け合わせるとレコメンドの精度が高まることを実験で確認した。

NTTデータは2022年度に自動車向けのレコメンドサービスを始める
NTTデータは2022年度に自動車向けのレコメンドサービスを始める

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1035文字 / 全文1431文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。