ロシアによるウクライナ侵攻で、多くの自動車メーカーはロシア事業の一時凍結に追い込まれた。経済制裁に起因する物流の混乱などが背景にある。事態が長引くと、市場シェアが大きい仏ルノーや韓国・現代自動車グループに逆風となる。ロシアが主要生産国である金属材料の供給寸断や価格高騰などで、メーカーや地域を越えて悪影響が広がる恐れもある。

 「すでにロシアへの車両の輸出を停止していますが、サンクトペテルブルク工場の稼働も近日中に停止する予定です」。日産自動車は3月7日、こう発表した。「エクストレイル」や「キャシュカイ」など人気の多目的スポーツ車(SUV)を中心に販売してきたが、事業継続は難しくなった。

 その4日前にはトヨタ自動車が現地生産と対ロ輸出の停止を発表。ロシアに派遣していた駐在員には、すでに帰国指示を出した。

 日系自動車メーカーでは三菱自動車とマツダもロシアに生産拠点を持つ。首都モスクワ南西のカルーガ州に欧州ステランティスとの合弁工場を構える三菱自は「部品の供給制約があるため、今後、(現地工場は)停止する可能性が高い」(同社)という。マツダも同様の状況だ。

 ホンダ、スズキ、SUBARU(スバル)は日本や周辺の生産国からの対ロ輸出を止める。かつて資源高に沸いたロシアの自動車市場は年300万台規模に膨らんだ時期もある。だが2015年以降は160万~170万台で回復は停滞。今回の侵攻と経済制裁で先行きは一気に不透明になった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1089文字 / 全文1714文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。