「このままでは、最大で100万人の雇用と、15兆円もの貿易黒字が失われることになりかねない」──。

 トヨタ自動車の豊田章男社長は3月11日、日本自動車工業会(自工会)会長として記者会見に臨み、そんなショッキングな試算を発表した。2019年、日本から世界に輸出した自動車は482万台。国内生産968万台の半数を占める。これが仮にゼロになった場合、約550万人とされる自動車産業の雇用が70万~100万人分減少し、貿易黒字が実に15兆円減少する(日本貿易会による20年度の貿易収支の見通しは3兆1630億円の黒字)と試算した。

日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)はオンライン記者会見で、国の再エネ導入の遅れに危機感を示した
日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)はオンライン記者会見で、国の再エネ導入の遅れに危機感を示した

 ではなぜ、そんな悲観的なシナリオを発表したのか。狙いは、政府や電力業界による再生可能エネルギー導入の動きに発破をかけることにある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1672文字 / 全文2011文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。