ゲームチェンジを狙う米テスラや米中IT(情報技術)大手などに対し、既存の自動車大手もソフトウエア主導の開発への転換を急ぐ。車づくりはどのように変容し、巨大なバリューチェーンの勢力図はどう動くのか。連載第3回では、車の基盤ソフト(車載OS)の開発を急ぐ世界の自動車業界のツートップ、トヨタ自動車と独フォルクスワーゲン(VW)などの動きから未来の車を展望する。

■掲載予定 ※内容は予告なく変更する場合があります
(1)風雲児テスラ、ソフトを主役に 「進化する車」で自動車業界揺さぶる
(2)ソニー・ホンダEV連合の衝撃 脱・車の発想でテスラ、アップルに対抗
(3)トヨタ、VWが開発急ぐ車載OS ソフトを制する者が「未来の車」制す
(4)トヨタ、VW、グーグルが勢力競う 車載ソフトで技術争奪
(5)ファーウェイ、エピック…… 未来カーに異業種が群がる
(6)巨大ソフト開発に人材難の壁 日産はインドの巨人とタッグ
(7)『iPhoneの頭脳の16倍』も 車載半導体、高性能化で火花
(8)シンガポール丸ごとデジタル化 未来の車が社会課題解決担う

 「『ソフトウエア・ファースト』で、トヨタの車づくりを次のフェーズに持っていく」。NTTと約2000億円の相互出資を決めた2020年3月の共同会見で、トヨタ自動車の豊田章男社長はこう宣言した。NTTのソフトの技術を取り込んだ上で、海外スタートアップを矢継ぎ早に買収するなど、この2年、トヨタはソフト開発力の強化に血道を上げてきた。

トヨタは「ソフトウエア・ファースト」を掲げ、研究開発子会社のウーブン・プラネット・ホールディングスを立ち上げた(写真:AP/アフロ)
トヨタは「ソフトウエア・ファースト」を掲げ、研究開発子会社のウーブン・プラネット・ホールディングスを立ち上げた(写真:AP/アフロ)

 豊田氏が「100年に1度の大変革」と位置づけるCASE(つながる車、自動運転、シェアリング、電動化)。ソフトの価値を高め、収益化できるかどうかに、CASE時代の生き残りがかかっている。従来の製造業から「脱皮」しなければ──。その焦燥感に背中を押されてきた。

 そんなトヨタが今、社運をかけて開発に取り組むのが、自動車の基盤ソフト(車載OS)となる「Arene(アリーン)OS」だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2515文字 / 全文3355文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。