自動車の競争力を決める価値の軸がハードからソフトへと移る中、大きなニュースが飛び込んできた。ソニーグループとホンダが組み、未来の車を生み出す──。おとぎ話のような提携が、現実のものとなって動き出した。ソフト主導の車づくりで先行する米テスラや、車参入が取り沙汰される仮想ライバル、米アップルに対抗する。

■掲載予定 ※内容は予告なく変更する場合があります
(1)風雲児テスラ、ソフトを主役に 「進化する車」で自動車業界揺さぶる
(2)ソニー・ホンダEV連合の衝撃 脱・車の発想でテスラ、アップルに対抗
(3)トヨタ、VWが開発急ぐ車載OS ソフトを制する者が「未来の車」制す
(4)トヨタ、VW、グーグルが勢力競う 車載ソフトで技術争奪
(5)ファーウェイ、エピック…… 未来カーに異業種が群がる
(6)巨大ソフト開発に人材難の壁 日産はインドの巨人とタッグ
(7)「iPhoneの頭脳の16倍」も 車載半導体、高性能化で火花
(8)シンガポール丸ごとデジタル化 未来の車が社会課題解決担う

 戦後生まれの日本企業を代表する2社が手を組み、未来のモビリティーを創造する新たな競争に挑む。

 「(モビリティーの)革新の担い手は必ずしも自動車メーカーではなく、新たな担い手や新興企業に移行しているように見える」――。4日、ソニーグループとホンダが開いた共同会見で、ホンダの三部敏宏社長はこう発言した。

 IT(情報技術)大手やスタートアップなど新興プレーヤーたちが相次いで参入し、地殻変動が起きている自動車業界。変革をリードする存在となるには、自動車メーカーの従来の発想からいち早く脱する必要がある。そんなホンダの目の前に現れたのが、モビリティーに対して野心的な思いを持っていたソニーだった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2390文字 / 全文3145文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。