SUBARU(スバル)は2022年3月期、国内自動車主要7社の中で唯一、減収減益となる見通しだ。世界的な半導体不足による販売減の影響をカバーできず、業績の反転は来期以降に持ち越しとなる。スバルの成長を支えてきた「選択と集中」があだとなって、逆境を乗り越えるすべを見いだせないでいる。

 スバルは今期通期の連結業績について、売上高が前期比5%減の2兆7000億円(従来予想は2%増の2兆9000億円)、純利益は2%減の750億円(同44%増の1100億円)を見込む。いずれも2月に下方修正した。

SUBARUが主力の米国市場で販売しているSUV(多目的スポーツ車)「アウトバック」
SUBARUが主力の米国市場で販売しているSUV(多目的スポーツ車)「アウトバック」

 このタイミングで両方を下方修正したのは国内の自動車主要7社の中でスバルのみ。ホンダ、日産自動車、マツダ、三菱自動車の4社は純利益見通しを上方修正し、トヨタ自動車とスズキは据え置いた。スバルに一体何があったのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1184文字 / 全文1546文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。