2021年、電気自動車(EV)に搭載した電池の発火の恐れで大規模リコール(回収・無償修理)に追い込まれた米ゼネラル・モーターズ(GM)が、EVで反転攻勢に動いている。1月初めに主力のピックアップトラックのEV版を発表。続けてEVと車載電池の生産能力の増強に70億ドル(約8000億円)を投じる計画も表明した。目指すのは25年の米EV市場における米テスラ越えだ。GM幹部によると反撃の一翼を担うのは新たに開発した電池だという。

 「(2021年6月に表明した)25年までにEVと自動運転技術に350億ドル(約4兆円)を投資する計画は順調に進んでいます。この間に世界で30車種以上のEVを発売し、あらゆる価格帯と生活スタイルに対応する選択肢を提供します」――。

 1月初めに米ラスベガスで開催されたテクノロジー見本市「CES」のオンライン形式の基調講演で、GMのメアリー・バーラCEO(最高経営責任者)は自社のEVシフトが着実に進んでいると強調。23年に「シボレー」ブランドから発売する電動の大型ピックアップトラック「シルバラードEV」を初公開した。

電動ピックアップトラック「シルバラードEV」を発表したGMのバーラCEO。大型車でもEVシフトを進める(1月5日)
電動ピックアップトラック「シルバラードEV」を発表したGMのバーラCEO。大型車でもEVシフトを進める(1月5日)

 ライバルの米フォード・モーターが22年春からの販売を目指してすでに予約の受け付けを始めている電動ピックアップトラック「F-150 ライトニング」やEV世界最大手のテスラが23年に投入する見通しの「サイバートラック」に対抗する重要な車種だ。米市場でEVのトップメーカーを目指す上で負けられない領域といえる。

 40年にカーボンニュートラル(炭素中立)を目指す企業としての大目標、そのためのEVシフトの順調ぶり、将来のEVの品ぞろえの豊富さなどをよどみなく語ったバーラCEO。だが、トップメーカーの座を得ることは簡単ではなさそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2412文字 / 全文3165文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。