自動車大手が開発を加速している電気自動車(EV)で、消え去る運命にあるのはエンジンだけではない。エンジンが生んだ動力を走行条件にあわせて制御し、タイヤに伝えるトランスミッション(変速機)もその1つだ。CVT(無段変速機)世界最大手で、日産自動車を主要取引先とするジヤトコ(静岡県富士市)はどう生き残るのか。1月に同社の社長兼CEO(最高経営責任者)に就任した佐藤朋由氏へのインタビューで、今連載を締めくくる。

EVではCVTがなくなるといわれています。

ジヤトコ・佐藤朋由社長兼CEO(以下、佐藤氏):CVTの需要は2030年に19年比で半分以下になるとみています。危機感を持ってはいますが、逆にいうと100年に1度の車の変革はチャンス。これをつかめば、今より大きな会社になれると社員に説いています。

 掲げているのは、コア技術の「深化」と「探索」という両利きの経営です。進化ではCVTの品質やコスト競争力の向上に取り組みます。30年を過ぎてもハイブリッド車(HV)やエンジン車は残り続ける見通しなので、CVTには一定のリソースをかけます。探索はまぎれもなく電動化対応です。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1892文字 / 全文2385文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「クルマ大転換 CASE時代の新秩序」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。