全3524文字

 人生100年時代の到来で延長された老後の時間を幸福に過ごす上で、「生涯現役」で最期まで輝き続けることや「趣味三昧」で日々の暮らしを満喫することが大切なのは、疑いない。

 実際に「93歳のバーテンダー」や「84歳のトップ化粧品販売レディー」、「87歳の水泳世界記録保持者」や「ティム・クックにハグされた84歳のプログラマー」はいずれも、取材であることを差し引いても、間違いなく輝いて見えた。

人生100年だからと慌てて老後の仕事や趣味を見つけても……(写真:PIXTA)

 ただ、「生涯現役」や「趣味三昧」の問題は、すべての人がそれを実践すれば、幸せな老後が待つわけではないこと。とりわけ生涯現役や趣味の達人シニアたちはいずれも、現役時代から長い老後を見据え、スキル向上や環境整備を進めてきた人ばかりだ。

 人生100年時代だからと慌てて老後の仕事や趣味を見つけても、周囲に対する遠慮や人間関係のもつれ、ストレスやミスなどから、長続きしないことが多いはずだ。また、「何もしない老後」に陥ってしまうと、最悪の場合、世間に迷惑をかける問題高齢者になりかねないことも、既に指摘した。

 ではどうすればいいか。解決策の1つはごく単純に言えば、「普通のシニアが幸福にやり遂げられる可能性が高い仕事や趣味」を選ぶこと。それは、意外なところにあるかもしれない。

「最底辺の職業と思っている人は多いと思う」

 紺色の作業着に身を包み、ヘルメットをかぶって、赤い誘導棒を振り回す。雨の日も風の日も現場に立ち、車や人を誘導し続ける──。「交通誘導警備員」は、数あるシニア向け職業の中でも最も過酷に思える仕事の1つだ。一方、高齢者の数が突出して多い職業の1つでもある。警察庁の「警備業の概況」によると、2018年末の警備員の数は約55万人。そのうち、60歳以上のシニアは44.1%に上る。

 「最底辺の職業。はっきり言って、そう思っている人は多いと思う」

 現役の交通誘導警備員で、73歳ながら週に5日前後は東京都内や千葉県を中心に現場に出る柏耕一さんは、穏やかにこう話してくれた。<当年73歳、本日も炎天下、朝っぱらから現場に立ちます>。昨年7月にはこんなうたい文句を表紙に掲げたルポルタージュ『交通誘導員ヨレヨレ日記』(三五館シンシャ)を出している。