全3311文字

 商品やサービスへのクレームは消費者の権利ではある。だが、せっかく「人生100年時代」に、それを老後の柱とするのはさみしい、と思う人もいるに違いない。

 決して間違ったことをしているわけではないが、それを老後の生きがいとするのはどうしたものか……。全国的に増えるシニア“正義マン”に対しても、そんな思いを抱く人がいるかもしれない。

 2019年秋の消費増税後、「持ち帰ると申告して商品を買った客が、イートインスペースで食べている」と、店員に密告する正義マンの存在が話題になった。彼らの中にはシニア層が多く含まれる。同じ19年には、街のクリーン化を訴え、商店街の慣習として歩道に置かれていた看板やのぼりの排除に精を出す90歳近い男性も話題になった。

 客が店内にいても怒鳴り声をあげるなど、運動の方法には過激な面もあったが、この男性の主張や行動は法律を逸脱したものではない。商店街側は効果的な対策を打ち出せず、ある雑貨店はクレーム対応に耐えかねて、一時的に店舗の営業休止を決断することになった。

 重ねて言うが、高齢の正義マンも高齢のクレーマーも違法・脱法行為をしているわけではない。高齢化が進む中、仮にこうした人々が増えていった場合、社会は受け入れていくしかないのかもしれない。が、見過ごせない問題もある。一部の高齢者による犯罪だ。

「何もしない老人」がキレる脳科学的理由

 数字の上では日本の治安は改善しており、刑法犯の認知件数は10年以上減り続けている。しかし、検挙人数に占める65歳以上の比率は1998年(4.2%)から2017年には21.5%と、大幅に増えた。これは、同じ期間の人口の高齢化率(1.7倍)を上回る(18年版の犯罪白書)。

 こうした高齢者による犯罪の6~7割は、経済的要因による窃盗だが、他方、「何もやることがないこと」が原因となって発生した疑いがある犯罪も少なくはない。

医師の加藤俊徳氏は「脳が興奮状態にあることがキレるということ」と指摘する

 脳科学に詳しい加藤プラチナクリニック院長・脳の学校代表の加藤俊徳氏はこう解説する。

 「趣味を持たず、働きもせず、体や頭を使わずにいると、『相手の立場に立って人の話を正確に最後まで理解する力』を脳が失っていく。理解できないことがあると、人間の脳は血流を増やし、血圧を上げて無理やり働かせようとするため興奮状態に陥る。これが、『キレる』ということ」

 「キレた高齢者」によるトラブルが起きやすい場所の1つが駅。全国にある35の鉄道会社が駅係員に対する暴力行為の件数・発生状況を調べたところ、18年度の加害者の60代以上は24.6%で、全年代中最も高い比率だった。