全1448文字

 2020年4月、改正健康増進法が全面施行される。改正法の主なポイントは以下の通りだ。

  1. 飲食店やオフィスなど、屋内では原則禁煙となる。
  2. 既存の飲食店の場合、喫煙室では喫煙可能。ただし、飲食はできない。加熱式たばこ専用の喫煙室を設ければ、飲食もできる。
  3. 既存の飲食店で、客席面積100平方メートル以下かつ資本金5000万円以下の店舗では、現状通り喫煙できる。
  4. 喫煙を主な目的とするバーや、スナックでは現状通り、喫煙可能。
  5. オフィスの場合も喫煙室で喫煙可能だが、飲食や会議など喫煙以外の行為はできない。一方で、加熱式たばこの喫煙室であれば飲食なども可能。
  6. 宿泊施設の客室は改正健康増進法の適用除外のため、喫煙、禁煙を選択できる。

 例外規定はあるものの、たばこに対する規制は強まる。需要の低下にもつながりかねない改正法施行を前に、たばこメーカーは対策を急いでいる。