新型コロナウイルスの流行に沈静化の兆しが見えない中、伊藤忠商事が危機感を強めている。グループ会社のコスト管理を徹底し、総合商社トップクラスの最終利益を稼ぐ同社だが、岡藤正広会長CEO(最高経営責任者)は、「ここ数カ月の生産性は落ちる。利益よりもじっと我慢だ」と訴えた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1074文字 / 全文1081文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「共創/競争・スタートアップ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。