三菱地所が2020年2月、東京・有楽町に開いた会員制施設「有楽町『SAAI(サイ)』ワンダー ワーキング コミュニティ」。近年増えているコワーキングスペースの1つだが、ほかと少し違うのは施設中央にあるバーだ。店名は「変態」。昼間は別の仕事をしている十数名が日替わりで「チーママ・チーパパ」を務め、お酒をたしなみながら会員らの交流を促すという。

三菱地所が有楽町のイノベーション拠点に開いたバー「変態」。日替わりの「チーママ・チーパパ」が会員の交流を促す
三菱地所が有楽町のイノベーション拠点に開いたバー「変態」。日替わりの「チーママ・チーパパ」が会員の交流を促す

 「自分も大手企業に勤めながら、どこか満足しきれず引っかかりを感じてここにいる。そういう違和感を持っている人たちと話したい」

 ウイスキーグラスを片手に熱く語るのは、チーママの1人、脇奈津子さん。サントリーホールディングスのグローバルヘルスケア開発部に所属し、バーでは「なっちゃん」の愛称でカウンターに立つ。

 十数人のチーママやチーパパが月に数回、夕方にSAAIに「出勤」してバーの営業が始まる仕組みだ。チーママ・チーパパは、SAAIの企画担当者らが、「人を引きつけたり、つないだりできる魅力がある人」をスカウトしてきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1356文字 / 全文1798文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「共創/競争・スタートアップ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。