全4037文字

 インターネットのSNS(交流サイト)上で、大手商社がスタートアップのビジネスモデルを「パクった(盗用した)」のではないかとの疑惑が話題を呼んでいる。三菱商事が2019年秋に始めた物流倉庫のマッチングサービスのウェブサイトが、16年設立のsouco(東京・千代田)のサイトに「似ている」と同社創業者が投稿したことがきっかけだ。企業の枠を超えた協業で新ビジネスを起こす「オープンイノベーション」の重要性が高まる中、大手とスタートアップの適切な付き合い方とは何かが問われている。

soucoのウェブサイト(左)と三菱商事の「WareX」のサイト

 「提携や出資の話をしながら、大企業がパクったなら問題」「スタートアップがほかにマネできない速さで対抗するしかない」。「パクリ疑惑」を巡り、ツイッターでは起業家や弁護士の様々な意見が飛び交っている。

 発端は2月8日、soucoの中原久根人社長が、自身のフェイスブックで三菱商事のウェブサイトを指し、「これは似てるなw」と投稿したことだ。起業家らがツイッターで反応し、物流業界を超えて広がった。火を付けたともいえるつぶやきに対するリツイートは既に1200を超え、「スタートアップ業界で大きな話題になっている」(関係者)という。